身延どんぶり街道

身延町商工会

絶景スポットがいっぱい!
山梨美少女図鑑モデルが行く

富士山の絶景とぬくもりの湯に出会う

みのぶ癒し旅

「美味しいどんぶりを味わう前に、身延をとことん楽しみたい!」「 遊び尽くしてお腹が減れば、きっとどんぶりも、もっと美味しく味わえるはず!」 そんな思いつきから、ふらりと身延の旅へ。数ある名所の中から今回セレクトしたのは、本栖湖エリアと下部温泉郷エリア。富士山の絶景を眺めて、温泉でゆったり、そして待望のどんぶりに舌鼓…。
さあ、満喫の身延旅へ出かけよう!
山梨美少女図鑑 FILE
土屋 紫織さん(22歳)
O型|好きな食べ物:ラーメン・お寿司・天ぷら得意な料理:修行中です(笑)|性格:いつも元気でマイペース!常に笑顔を心がけています。
身延を旅してみてどうでしたか?
都会もいいけれど、山梨県の自然や昔ながらの場所の魅力を再確認しました。
身延町のイメージは?
身延に来たのは子供の頃以来です。大人 になって来てみると、ゆっくりと時が流れて いるような雰囲気にとても癒されました。

アクティブ編 世界遺産「富士山」を絶景ポイントから楽しむ 千円札の富士山 トレッキング

世界遺産に登録され、日本のみならず、世界的にも注目されている富士山。この富士山を楽しむのに絶体オススメなのが「千円札の富士山トレッキング」。皆さん、千円札にデザインされている富士山は、本栖湖畔から撮影された写真が元になっているってご存じですか?この撮影ポイントを訪ねるトレッキングツアーがあるって聞いて、早速参加してきました!富士山観賞の特等席にいざ出発!
山ガールスタイルをばっちりキメたら、本栖湖アクティビティセンター 鈴木さんのレクチャーをうけながら出発!湖畔から脇道を登っていくと、うっそうと木々が生い茂る山道に。ところどころ急な登り坂はあるものの、初心者でも安心して登れるルートになっている。
心地よい木漏れ日の中、自然観察をしながら登りきると、青く輝く本栖湖と、大迫力の富士山が出迎えてくれた。
いつまでも見ていたい絶景です

絶景に癒やされる

富士山観賞の特等席、中之倉峠

麓から約30分で目的地の中之倉峠に到着。展望台からは鮮やかなコバルトブルーの本栖湖と雄大に裾野を広げる富士山が迎えてくれた。千円札の富士山は、写真家の岡田紅陽氏が中之倉峠から撮影した写真がモデルとなっている。3万点を越える写真の中から選ばれた中之倉峠の富士山は、まさに絶景のひとこと。お財布から千円札を出して一緒に記念撮影するのもオススメ。
富士山もさることながら、この絶景に欠かせないのが本栖湖の美しさ。青色に輝く湖面を見ていると、すーっと心奪われて時間がたつのを忘れてしまう。本栖湖の最大水深は138m、透明度は16.3mで、富士五湖随一の美しさを誇っている。また、自然保護のためモータースポーツは禁止されており、静寂につつまれた佇まいは、富士五湖の他の湖と一線を画している。湖の澄んだブルーと静寂の空間が、絶景を楽しむのに最高のロケーションだ。 いっぱい撮れたよ絶景スポットで欠かせないのが記念撮影。岡田紅陽氏のベストショットも素敵だけれど、自分なりのアングルで富士山を撮影するのも楽しい。

世界遺産「富士山」と本栖湖を満喫!

本栖湖アクティビティセンター

本栖湖周辺でアウトドアを楽しむなら、本栖湖アクティビティセンターがオススメ!千円札の富士山トレッキングの他にも、カヌー体験、ウインドサーフィンスクール、パドルボード体験、さらには、富士山裾のマウンテンバイクツアー、シュノーケリング体験など、様々なプログラムを思い思いに楽しめる。
住所:身延町釜額2035 電話:080-8746-8622
営業:5月~11月 HPhttp://eco-motosuko.jp/
のんびり編 信玄の隠し湯で心も体も癒される 下部温泉郷
トレッキングで一汗かいたら、下部温泉郷へ。ほどよく疲れた後に入る温泉は格別だ。山間にある鄙びた風情の下部温泉郷は、武田信玄公がその傷を癒したと伝えられている名湯。癒し効果たっぷりの温泉につかれば、一日の疲れもたちまち吹き飛んでしまう。温泉からあがって、浴衣でのんびりくつろぐのもオススメだ。
日本の名湯百選にも選ばれている下部温泉郷の歴史はなんと1200年。戦国時代に武田信玄公が川中島合戦で受けた傷を癒した「隠し湯」と伝えられ、時代と共に湯治の場として愛されてきた。
問い合わせ:下部観光協会
電話:0556-20-3001
HPhttp://www.shimobe.info/
撮影協力 下部ホテル
温泉でゆったり

気軽に温泉を楽しめる!

しもべ黄金の足湯

手軽に温泉を楽しみたいなら、甲斐黄金村 湯之奥金山博物館隣、下部リバーサイドパーク内にある「しもべ黄金の足湯」がオススメ。源泉掛け流しの湯が歩き疲れた足を癒してくれる。
問い合わせ:甲斐黄金村 湯之奥金山博物館
電話:0556-36-0015 料金:無料
営業:AM8:30~PM6:00 休業:水曜日(祝日の場合はその翌日)、12/28~1/1
身延を満喫したら、お待ちかねのどんぶり街道へ!